「親指シフト」と「ローマ字入力」




「親指シフト」は富士通の武器のはずだが!  
FMR、TOWNS、ワープロ・オアシスで、親指シフトを推奨していた富士通。そのユーザーたるやいかほどか。100人か1000人か。そんなわけはない。その富士通が日本語入力の標準としてローマ字環境だけを一般に販売するのは全く解せない。親指シフトが単なる特殊なもの(ビデオのベータのように、親指は消えていくのか言われたが、これは全くことなる。ベータは単に、専門家が見てちょんぴり画像がいいとされただけで、VHS陣営の画像向上競争の前に呆気なく破れた。)だったら別だが、日本語をそのまま自然に打てて、かつローマ字入力より格段に早く打てるという「歴然とした真実」があるのです。過去のユーザーを取り込むこともせず、ウィンドウズで、わざわざ横一線の競争で苦労しているのはなんとも馬鹿げた姿だと言わざるをえない……。(-_-;[02/3/27]








「勝ち組」企業・富士通の明日  
ここ一年、企業の「勝ち組」「負け組」の選別が激しい。この激動の時代に、株価やマスコミが勝手に位置づける企業評価。だが、こんな消費者を無視した評価もないだろう。それは、ともかく、富士通はいまのところ、「勝ち組」と位置づけられている。次々と新たな戦略を打ち出している。昨日から始まった、富士通の直販サイトなどの動きもその一つだろう。国内メーカーでは一番乗りの速さだ。だが、その中身たるや、ああ、報告するのも嘆かわしや。親指ノートMC3/45を注文しようにも、ないのである。無情にも「現在、ご購入できません」「入荷未定」の馬鹿馬鹿しい文字が踊っているだけなのだ。こんなマインドの企業が明日、存続する理由はない。
もっとも、親指キーボード゙「KB611」「KB211」を1万6000円で販売している。あくまで、継子扱いというわけだ。[20004/22]




2000年春モデルでもMCだけだった!  
5月10日、富士通のパソコン44機種が発表された。ここでは、またも、MC4/45Cは発表されたもののこの段階ではS、つまり「親指モデル」は発表されていない。これは、2月の春モデルと同じ経過だ。いまのところ、プリッシェの新モデルも発表されていないので、1週間遅れぐらいで、発表になるハズだ。実際、富士通の直販サイトやサクセスでは親指モデルのMCがすでに表示されている。もっとも、直販サイトでは、親指モデルはずっと「入荷未定」「現在ご購入できません」との表示ある状態。まさか、新商品発表後はそんなことはないと思われるのだが(^-^;
 ともあれ、今回もMCだけで、親指に対応したという富士通には、もう何も期待しないほうがいい。えっ、「期待していたお前が悪いって?」。そのとおり。まっ、最低、継続生産になっただけでマシか。
この際、FMVの新キャラクター「キムタク」に親指を誰か教えてやって![2000/5/11]


「親指シフト」のためのページ
「親指シフト・キーボードを普及させる会」の小森さんのページ
「親指シフト・キーボードを普及させる会」の二階堂さんのページ
「親指シフトをパソコンで使おう」の田之上さんのページ
親指シフトのことなら@niftyのNICOLAキーボードフォーラム
「NICOLA派宣言」の古瀬幸広さんのページ 。
「親指シフトは国力だ」とする「かないまる」さんのページ
マックで「親指シフト」を使うなら加藤さんのページ
親指シフトに乗り換え体験記の中島さんのページ




トップページへ戻る次へ

ご意見はこちらまで [丹波 大二朗] 

@nifty ID:VEG04266