ようやく出た「親指シフト」ノート




グワォーン〜。これでサポートしているの?  
 ノートシリーズの端っこにようやくカスタムメイドではないノートが出た。だが、悲しいよね。サボートしたのはエライけど、富士通さんよ。タッチ液晶も使いやすいよ、でも、CD外付けはないよな。もっと、王道をいけよ。カタログの片隅に載っける程度の対応じゃないでしょう。富士通はマイクロソフト従属から脱出する戦略を持っているのでしょう。脱出は無理としても、それを認めた上で、超える戦略を。戦略じゃないか。単なる戦術かもしれないけれど。とにかく、主力で勝負しましょうよ。[99/11/23]

























富士通社内の「親指派」に何が起きた!  
 親指利用者に随喜の涙を流させた親指ノートMC2/40S。あくまで、その位置は継子扱いだった。普通のユーザーが入手できない程度の生産台数と販売戦略。(一般の人々が購入出来ない物は商品とは言わないよね。それはあくまでカスタムメイド品)

 そして、やってくれました富士通は。凄い! 親指シフターが期待した2000年第1弾モデル、親指新製品はゼロ。虐げ続けられてきた親指シフターを妙に安心させたのです。「継子は継子なのね……」親指ノートは単なる「継続生産」扱いだった。

 そして、一月下旬、東京・秋葉原の富士通ショールームからは、親指キーボードのパソコンが姿を消していた……。安心あれ、ルームのワープロ商品は全て親指入力型。えっ、やっぱり全然変だよな。いったい富士通の「親指派」に何があったのか。そこには驚愕すべき事実が起こっていた……。[2000.1.31] 






富士通ショールームに親指復活  
 久しぶりに秋葉原の富士通ショールームにいってきまた。一月末には、パソコン関係からすべて親指シフトが消え去っていたのですが、本日見てみると、ありました、ありました。
 ノートではMC3/45Sが置いてありました。また、「オアシスV7」体験コーナーのデスクトップには、親指シフトキーボードがつないでありました。ちなみに、陳列のワープロ「オアシス」三台は親指シフト。、富士通よ、一般の人々が手軽に、パソコンにおいても親指シフト環境が入手できるよう一段と、頑張ってや!ともあれ、富士通の継子扱いはなんとか継続されているようです。親指シフトという子供を捨てるまでの最悪の事態は回避されたようです。少なくとも、ショールーム内での親指シフト派は盛り返したのです。継子扱いから次にどうするか。ぐわんばれ富士通親指シトフ勢力よ。[2000/3/3]




親指シフト使うならこのページ
タッチ液晶の「親指」ノート
親指シフト生みの親「神田康典さん」のページ
親指シフト製品はこのお店で買える!
富士通も「継子扱い」程度にフォローしてるぞ〜。
NICOLA (親指シフト)の普及活動を行う企業連合のページ
「親指シフト・キーボードを普及させる会」のホームページ
「親指シフトの広場」森山さんのページ
キーボードを親指シフト環境に改造するならSTARTさんのページ




トップページへ次へ

ご意見はこちらまで [丹波 大二朗] 

@nifty ID:VEG04266